ユニークなメッセージ

電報はメッセージを贈れます。結婚式という特別な場です。普段言えないことや、これまでに思っていたことなど、メッセージにして新郎新婦をお祝いするに申し分ないシチュエーションではあるのですが、ここで気を付けなければならないのがメッセージです。あまりにも堅苦しいと少々場の雰囲気がだれてしまいますが、一方で受け狙いに走ると場の雰囲気がおかしくなってしまいます。

結婚式の場合、仲間内ではしゃぐ飲み会とは訳が違います。新郎新婦共に親族とて出席しているのです。親族が出席していない二次会、三次会等であれば多少ハメを外したメッセージであっても楽しめるでしょう。ですが親族も出席している結婚式の場では、メッセージの内容はユニークになり過ぎない程度にした方が無難です。

新郎新婦それぞれ共通の友達であればジョークで通用する可能性があるかもしれませんが、どちらかの友人でしかない場合、ともすると冗談に通用しないようなメッセージのおかげで二人の関係性までぎくしゃくしてしまう話とてあるのです。ユニークなメッセージは適切なものであればお祝いムードを高めてくれるのですが、内容によっては場の雰囲気を変えてしまう可能性もあると心得ておきましょう。