早めに準備する

結婚式は急に決まるものではないはずです。いわば主宰者とも言うべき新郎新婦は早い段階から準備を行います。招待状も早めに出しているはずですので、ギリギリになって期日を知るようなケースはそうそうないはずです。そのため、いつ電報を贈れば良いのかは早い段階で分かっているはずですので、早めに用意すべきです。

なぜなら、業者としても用意が必要です。フラワー電報はITのサービスのようにデータだけを授受するものではなく、実際に花を用意しなければなりませんし、当日挙式場まで運ばなければなりません。物理的に時間も手間もかかりますので、ある程度余裕をもって注文した方が良いのです。寸前になってしまった場合、挙式までに用意出来ないケースもあれば、他からの注文が多いので期日までに間に合わないケースもあります。

業者としても先に予約してくれお客を優先しますので、期日が迫っているから早く用意してくれと掛け合うくらいであれば、事前に余裕をもって準備しておくべきです。結婚式にもいろいろな準備が必要です。それらの邪魔にならないよう、事前に手配しておくのがマナーです。一応電報の業者だけではなく、ホテルにも確認しておくのは言うまでもありません。